研究内容

物理有機化学・分子設計研究室です。 物理有機化学は、有機化合物の化学構造と反応性や機能性を物理学の手法と精密さで研究する学問分野です。従来の化学式に頼っている有機化学では不十分であった有機化合物の3次元的な立体構造と電子的な特性を、計算、実験、スペクトル分析で明らかにし、新規反応開発、全合成、機能物質の分子設計などを行うことを目的として研究を行っています。 現在、研究テーマとしては、主に下記のもの […]

学会発表関連

2018年度発表 Optical CT で測定される色素ゲル線量計でのcupping artifact の原因解明 林和哉, 高梨宇宙, 根本幹央, 川村拓, 林慎一郎, 五東弘昭 3Dゲル線量計学会  (金沢大学)  2018年11月25日   重粒子線を照射したゲル線量計中の放射性核種の挙動 豊原尚実, 五東弘昭, 蓑原伸一, 湯原勝, 高橋陵太, 下野義章 3D […]

アクセスおよび連絡先

初めて横浜国立大学に来られる方は、横浜駅からバスが便利です。 研究室は化学棟(S7-6)の6階にあります。 見学希望の方は、メールでご連絡ください。 研究室の所在地 横浜国立大学 工学研究院 機能の創生部門(理工学部) 〒240-0067 神奈川県横浜市保土ヶ谷区常盤台79-5 化学棟6階 TEL/FAX 045-339-3964 研究室の連絡先 TEL/FAX 045-339-3964 E-ma […]

担当講義関係

主に有機化学や物理有機化学に関わることを教えています。詳しくは、大学のシラバスを見てください。学部担当は、主に有機化学と物理有機化学。大学院担当は、主に物理有機化学特論です。

模擬講義および講演関係

2017年以降に行った企業や高校での模擬講義や講演です。 有機化学による「ものつくり」 炭素、水素、酸素、窒素などの元素の組み合わせによって、きわめて多岐にわたる有機化合物が合成されています。この講演では、有機化合物をつくる面白さや、有機化学反応を開発していく面白さについて紹介しました。 また、偉大な3人のノーベル化学賞受賞者の研究を、簡単に紹介しました。 講義場所: 国分寺高等学校 2017年6 […]

就職先、進路先等

大学院まで進学した修士課程卒業生の進路を過去5年程度公開予定です(作成中です)。 化学および関連分野 大日本印刷株式会社(DNP)、日産自動車、日本曹達、キヤノン株式会社、京セラケミカル株式会社、三洋化成工業株式会社、富士フイルムR1ファーマ株式会社、ニチレキ株式会社、日本水産株式会社(ニッスイ)、横浜ゴム、オリンパス、株式会社伊藤園、株式会社カネボウ化粧品、DIC株式会社、伊勢化学工業株式会社 […]

リンク集

現在の共同研究先 (学外企業) 川崎化成工業株式会社 https://www.kk-chem.co.jp/ 神奈川がんセンター http://kcch.kanagawa-pho.jp/ 東芝エネルギーシステムズ株式会社 https://www.toshiba-energy.com/ 現在の共同研究先(学外大学) 北里大学 渡邉祐介助教 http://kerid-web.kitasato-u.ac. […]